スルフォラファンの効果がすごい

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンの凄さとは!

今話題のスルフォラファンの効果がすごい!ということが色々なメディアで取り上げられまくってますね!

 

スルフォラファンの抗酸化作用は凄いものがあり、健康や美容にかなりの効果が期待できるということが色々と言われています。

 

スルフォラファンが多く含まれている野菜として、ブロッコリースプラウトが注目されていますよね!

 

そこで、スルフォラファンの凄さやスルフォラファンが含まれるブロッコリースプラウトがどれだけ凄いのかどんどん紹介していきましょう!

スルフォラファンの何が凄いのかというと、最強の抗酸化作用をもっていると言われているのです!!

 

そんなスルフォラファンが多く含まれているのが、ブロッコリースプラウトなのです。

ブロッコリースプラウトとは

 

ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽のことです。見た目はカイワレを小さくしたようなものです。

 

 

 

パッと見るとカイワレとかと見分けがつきにくです。他にもマスタードスプラウトとか見分けがつきにくいものもあるので、間違わない様に購入してください!

 

スーパーに行くとカイワレとか豆苗とかと一緒に並んでいますよ。量はそれほど多くないですが、100円前後で販売されています。

 

ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンの量は

 

ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンの効果がすごいのですが、なぜブロッコリースプラウトがすごいのかをまとめます。

 

ブロッコリースプラウトがすごいのはスルフォラファンの量になります。ブロッコリーにも多くのスルフォラファンが含まれているのですが、そんなブロッコリーで100g当たりに約12mgのスルフォラファンが含まれています。

 

それに対してブロッコリースプラウトは100g当たりに約85〜100mgものスルフォラファンが含まれるのです。

 

多くのスルフォラファンが含まれるブロッコリースプラウトなら、1日20gをとればその効果が期待できると言われていますので、無理なく食べることができます。

 

スルフォラファンの効果とは

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンの量がすごいというのはわかってもらえたと思うのですが、もっと大事なのがスルフォラファンの効果ですよね!

 

すごい効果が期待できるスルフォラファンをどんどんと紹介していきましょう。

 

 

 

抗酸化作用がすごい

 

スルフォラファンのそのすごさというのは圧倒的な抗酸化力です。

 

抗酸化物質とは

 

抗酸化というのは、言葉通り体を酸化から守るという効果なのですが、人が生きていくためには、呼吸をして取り組む酸素が必要です。

 

その酸素の一部が活性酸素に変わってしまうのが問題なのです。活性酸素は、細菌やウイルスから体を守る役割を果たすので、活性酸素のすべてが悪いとういうわけではありません。

 

なんでもそうですが、過剰にふえた活性酸素が問題になります。過剰にふえた活性酸素は体を傷つけ老化やガン・動脈硬化の一因となってしまいます。酸素が活性酸素に変わるのを抑えるのが抗酸化物質です。

 

もちろん、体内でも活性酸素を除去する能力はあるのですが、ストレスや激しい運動、紫外線、タバコなど、活性酸素を増やす原因はたくさんあります。

 

そこで抗酸化作用のある食べものを食べることが必要なのです。

 

スルフォラファンの抗酸化持続時間がすごい

 

抗酸化物質として思いつくのが抗酸化作用の代名詞とも言われるビタミンCですね。ビタミンCにもその効果が期待できる抗酸化物質なのですが、その抗酸化力の持続時間は2・3時間がピークで3・4時間で落ちてしまうと言われています。

 

なので、こまめにビタミンCを摂らないと抗酸化作用を持続させるということは難しいのですが、スルフォラファンは違います。

 

スルフォラファンの抗酸化作用は72時間もその効果が持続するのです。例えば1回ブロッコリースプラウトを食べると、その抗酸化作用が3日間継続することが期待できるのです。

 

スルフォラファンはビタミンCの約20倍以上の抗酸化作用があるのです。

 

まさに最強の抗酸化力を持ったスルフォラファンが含まれる最強の抗酸化物質なのです。

 

カゴメスルフォラファンで効果的にスルフォラファンを摂る

 

がん予防効果

 

がん予防 
続いて紹介するのががんの予防効果です。

 

がんの原因には活性酸素による酸化が原因の一つにあげられます。活性酸素を減らすためには抗酸化物質が大切になります。

 

さきほど紹介したとおり、抗酸化作用をもたらすのがスルフォラファンになります。スルフォラファンの最強の抗酸化作用ががんを予防する効果が期待できるのです。

 

そしてそれだけではありません。発がん性物質が遺伝子を傷つけることでがんの原因になることもあります。スルフォラファンには発がん性物質を無毒化し、体外に排出してくれる働きを飛躍的に高める効果も期待されているのです。

ピロリ菌を減少

 

ピロリ菌は胃がんの主な原因と言われていますよね。スルフォラファンはそんな体内にいるピロリ菌を減少してくれる効果があるのです。

 

筑波大学の実験で、1日70gのブロッコリースプラウトを50名に8週間食べてもらい調査した所ピロリ菌が1/8になったという研究結果も出ているのです。

メラニン色素を作る物質を抑える

 

メラニン色素といえば肌にシミを作る原因になりますよね。メラニン色素は肌を守るための仕組みではあるのですが、肌は黒くなり、シミやそばかすの原因になってしますので、美肌にはよくありません。

 

シミの原因にもなるメラニン色素を作り出している物質がチロシナーゼという酵素なのですが、スルフォラファンがこのチロシナーゼを抑える働きがあるのです。

 

スルフォラファンがチロシナーゼを抑えることで、紫外線を浴びてもシミをできにくくしてくれる効果が期待できるのです。

肝臓の機能を活性化させる

 

スルフォラファンには肝臓の機能を活性化させる役割があるのです。

 

二日酔いにも効果が期待できるスルフォラファン

 

 

 

スルフォラファンは二日酔いにも効果があると言われています。

 

カゴメと米国Johns Hopkins医科大学との共同研究で、二日酔いの原因物質となるアセトアルデヒドの代謝を促進をすることがウコンに含まれるクルクミンの25倍にもなるということがわかっているのです。

 

二日酔いにもスルフォラファンが効果があることがわかります

 

カゴメスルフォラファンで効果的にスルフォラファンを摂る

 

肝臓の代謝をよくすることでダイエット効果が

 

肝臓とダイエットに何の関係があるのかというのは疑問に思うところがあるかもしれません。城西国際大学の太田先生は
肝臓の機能が低下すると、脂肪の代謝利用が低下して肥満につながっていくと話します。

 

肝臓の機能の1つとして体に入った糖分や脂肪を分解するという重要な役割を果たします。

 

お酒を飲むことだけが肝臓に負担をかけるのではありません。脂っこいものや甘いお菓子、肉、卵、小麦粉などをたくさん食べる人は注意が必要です。肝臓に負荷をかけていますよ。

 

食べ過ぎや過ぎ飲み過ぎは肝臓に負担がかかり、肝臓が疲労して肝機能が低下する可能性があります。

 

肝機能が低下すると、脂肪や糖質が代謝されにくくなり、肥満につながっていくのです。

 

そんなときにブロッコリースプラウトなどに含まれる、スルフォラファンが肝臓の機能を向上させ、糖分や脂肪を分解するのを助け、肝臓の代謝が良くなることが期待できます。

 

糖分や脂肪が分解されて、代謝が良くなればダイエットにもつながるというわけです。

 

花粉症の対策にもスルフォラファン

 

春先から花粉症で苦しんでいる人多いですよね。

 

そんな花粉症の引き金となるのが、IgE抗体です。IgE抗体はスギやヒノキなどの花粉が侵入する度に出てたまり、IgE抗体が増えていくと、アレルギー症状が出て、花粉症になります。

 

花粉症になるとくしゃみや鼻水・目の痒みなどの症状が出てしまいます。

 

そんなIgE抗体の増加をスルフォラファンが抑えてくれるということが最近の研究でわかったのです。スルフォラファンは花粉症予防にも効果が期待できるのです。

 

カゴメスルフォラファンで効果的にスルフォラファンを摂る

ブロッコリースプラウトの正しい食べ方

 

ブロッコリースプラウトを食べる時に大切なのは次の2点です。次の2点を必ずおさえておいてください

 

  • ブロッコリースプラウトは生で食べる
  • ブロッコリースプラウトはよく噛んで食べる

 

このポイントを抑えて貰えればどんな食べ方でもOKです。サラダに入れることが一般的な食べ方になりますね。

 

他にも冷奴の上にのせて食べたり、飲む前にみそ汁にパラっと乗せて食べてもOKですね。一緒に煮こまないようにシてくださいね。

 

ブロッコリースプラウトの味はふつうに美味しいです。激うまということはないですが、ふつうに食べることができますよ。

スルフォラファンの副作用

副作用 

 

いくらスルフォラファンが抗酸化作用がすごくて、がんにも、ピロリ菌の減少にも、花粉症にも、肝臓にも効果があるというと気になるのが副作用ですよね。

 

ブロッコリースプラウトを食べて副作用がでるということは考えにくいですが、サプリメントでスルフォラファンを摂った時の副作用ですよね。

 

これまで、スルフォラファンを摂ったことでの副作用は報告されていません。

 

しかし、サプリメントで積極的にスルフォラファンを摂るときは、決められた量を守って摂取するようにしましょう!いくら体にいいと言っても、摂り過ぎは体によくありません。

サプリメントでスルフォラファン

ブロッコリースプラウトには野菜の中で最も多くのスルフォラファンが含まれていることがわかってもらえたと思います。

 

そして、スルフォラファンの効果の抗酸化作用はビタミンCの20倍でその効果は72時間も持続するというのです。

 

ガンやダイエット・美容にもいいと言われるスルフォラファン。これを簡単にサプリメントで摂ることができます!
それがカゴメのスルフォラファンです。

 

カゴメは大学とジョンズ・ホプキンス大学と共同研究でスルフォラファンが肝臓にいい効果が期待できることを研究したり、東京理科大学ともスルフォラファンの共同研究をしていて、スルフォラファンのプロフェッショナルなのです。

 

スルフォラファンをこんな面白い動画でも紹介しています!

 

 

そんなカゴメが発売するスルフォラファンですから、その効果は期待できますよね!

 

スルフォラファンの口コミは

 

カゴメスルフォラファンのページで記載されている口コミでは…

「責任の重い仕事、連日の接待…ハードな毎日の心強いお守りです。」
仕事の負担を溜め込む毎日ではマズイと思い、「スルフォラファン」を摂るようになりました。続けはじめて、自分の健康の基礎力がアップした気がします。今は、年齢を忘れるほど調子が良いですね。(50代 男性)

翌朝、残りません。おつきあいで遅くなっても、毎日快調です。(50代 男性)

部下や取引先の方から「若いですね」、「元気ですね」といわれて、すごくうれしいです。(50代 男性)


ブロッコリースプラウトでスルフォラファンを摂ろうとすると、スルフォラファンの含有量はバラバラになってあんていしていません。そこで、手軽にそして確実に、スルフォラファンを摂るにはカゴメのサプリメント、スルフォラファンがおすすめです。

 

カゴメスルフォラファンで効果的にスルフォラファンを摂る